ご利用は計画的に

わたしがカードローンで思うことは、現金を持ってなくても買い物ができるのがとても便利だと思います。

どのくらい使ったか手帳につけていれば使いすぎもないし、管理できるのでよくカードで買い物をします。

毎月洋服を買うのは2万円くらいまでと決めているので店舗で使ったカード控えは1か月とっておきます。

そしてネットの買い物でカードを使った場合は手帳につけておきます。

使っているカードのシメが15日なので毎月16日から次の月の15日分まで財布に入れて置き、いくら使ったか足せるようにしています。

それが過ぎたら大きな封筒にまとめて入れて念のためとっておくようにしています。

また、カードでほとんどの買い物をしておけばカードの明細が来たときに家計簿代わりになるし、ポイントも貯まるのでとても便利だと思います。

だいたいJALカードを使いマイルを貯めています。

あとはエステサロンなどでは私が持っている日専連カードをよく使います。

この前は、脱毛の契約をしてきたのですが、一括で支払える料金ではないので、脱毛ローンを組んで支払いをしました。

きちんと管理をしていれば借金地獄になったりすることもないので・・・

なぜ日専連カードを使うかというと、よく無金利セールをやっていることがあるからです。

10回払いまで無金利というセールを年に2~3回やるので使うことがあります。

エステサロンなどでは1年半通うのに16万円ほどの支払いをすることがあるので、その無金利セールに合わせて支払いをすることがあります。

あとは冬場に洋服を買う場合、冬場はコードなど高価な買い物をすることが多いです。

コートを2着かうと10万円くらいしたりするので、そういうときに無金利セールで10回払いを使わせてもらうことがあります。

カードは持っていますが、金利を払うような使い方をほとんどしません。

自分の収入で払える範囲でカードで買い物していれば支払いで苦しむようなことはないと思っています。

ただ今はスキミングなどでカードのデータを読み取られて他人に使われたりするようなケースがあるので怖いなと思うことはあります。

それとネットでの買い物でカードの情報が流出したりしないのかなと思うことはあります。

まぁ大丈夫だろうと思いながらネットで買い物しています。

悪徳業者の見極め方

悪徳業者の見極め方法を書きます。

お金を借りるときに一番大事なことは悪徳業者ではないということです。しかし、悪徳業者ときちんと登録のしてある登録業者の区別は分からない・・っていうことはよくあります。だから悪徳業者に引っ掛かってしまう人がいるのです。悪徳業者だと分かっててお金を借りる人はいませんからね、、、
まず、悪徳業者とは、貸金業協会に登録をしていないキャッシング会社のこと。

登録業者かどうかの見極め方は、登録してある業者は貸金業登録番号というのを持っています。その番号を明示しなければならなくなっています、これは国や都道府県知事などに申請をして登録してもらった番号のことです。例えば、○○県知事(〇)第○○○○号というものです。キャッシング会社のホームページや店頭に掲げてあるはずです。

ネット社会の現在、この番号さえ分かれば登録業者かそうでないかのチェックは検索すればすぐに知ることができます。この番号を登録貸金業者情報検索ページにこの番号を入れてヒットすればその会社は登録業者ということになります。

しかし、ひとつだけ注意点があります。

登録番号の中に(1)や(2)という表記があり、これは申請・登録してからきちんと更新しているかどうかの数字で、(1)はまだ更新していないの意味なので注意が必要です。取りあえず登録だけしておいてオイシイ商売をしたら更新せずに店じまいをしている業者も多いです。

ですから、(1)と書かれている業者は避けておくのが無難だと思います。

契約書の有無の確認は必ずしてください。当たり前のことなのですが、実際にはそうでもないのです。
キャッシングは今簡単に短時間で申し込みもできてしまうので、これはお金を借りる・そして返す契約であるということを見落としてしまいがちなのです。携帯電話と似ているかもしれないですね。

ガラケーであれ、スマホであれ、携帯電話は買うのではなくて契約するものです。使って便利ならどっちでもいいやっていうのではなく、きちんとした大人としての認識は持っておくべきですね。ましてやキャッシングに関しては当然のことです。「契約書がなかった」では済まされないのです。

あまりにも高金利のキャッシング会社なら要注意です!!借り入れをする際に金利を確認するのは当然のことですね。低金利で返済が楽な会社を基準に選ぶ場合が多いと思います。が、人間、そんな余裕のある時ばかりではないですよね。。切羽詰ってしまい審査が通ったらすぐにでもお金を借りたいときだってありまうs。

そんな時でも、あまりに高金利な会社は避けなくてはなりません。29.2%を越える金利かどうかをまずは見てください。この数字、法律上でも違反行為に当たっているので絶対に利用しないでくださいね。

安全・安心にスピード融資をしてくれるところ紹介⇒こちら

 

借金とは

借金は人や金融機関などからお金を借りることをいいます。または、借りた金銭のことを差します。通常、借入先が人の場合は親族や友人、知り合いなどが多くて気軽に借りられる反面、借金の返済で人間関係が崩れることもよくある話なので十分に注意が必要となってきます。

借入先が、金融機関や消費者金融などの場合は所定の審査(収入・返済・保全・個人信用情報照会など)があります。その審査によっては借金ができない場合も結構あります。

一般に借金は時効(民法において債権の消滅時効は10年間)となっていますが、10年で時効が成立してしまうと債権者はお金を返してもらえなくなるので、様々な事項の中断の手続きが取られることになります。そして借金の返済を逃れるのはなかなかと難しいと言えます。

闇金と言われている非合法の貸金業者などを利用すると借金が雪だるま式に膨らんで、最後にはどうしようもならなくなることが多いので絶対に利用してはいけません。

闇金融と言われるところはホントにテレビのような取り立てとか職場への嫌がらせなど、社会的攻撃をしてきたり、心的攻撃をしてきたりと容赦有りません。
合法で行っている消費者金融ではそういったことはないです。
借金には良い借金と悪い借金があるそうです。

お金を持っているということで、人は安心とパワーを持つことができます。ですから、お金を借りてでも現金を持っているメリットは確かにありますね。しかし、良い借り方をしないといけないのです。
良い借り方とは、金利が安い・確実に返済が可能・万が一返済が遅れるようなことになっても重大な事態にはならないということです。

お金を借りるときにキャンペーンなんかで無利息ローンキャンペーンとかいろいろとその金融業者ごとに謳っているものがあります。
そういったものを調べて少しでも金利を少なくする方法もありますよ。

参考⇒無利息ローン※無金利で借りれるカードローン情報
してはいけないことは悪い借金です。自分の遊戯のため、返すあてもないのにお金を借りるばかり。借金地獄になるのが目に見えているのに借りる行為ですね。

優良な借金としては住宅ローンや奨学金なんかですね。例えば不動産を最悪失うことになったとしても無駄な借金ではないと結構言われています。
住宅の何千万っていうお金、一括で支払いできる人なんてそうそういないと思いますしね・・・

 

主婦ができる借入を利用してでも行くアイドルのライブ。

若者から主婦層にまで大人気のアイドルを応援しています!

毎年1回のファンクラブ会費4000円の支払いはまだいいのですが、ライブがあるときは本当に大変です。

ライブに行きたい!大好きなアイドルを間近で見たい!という気持ちはもちろんあるのですが、チケットが当たったらどうしよう、といつもドキドキしながら結果を待っています。

当たった時にはもう大変です。「やったー!」と大喜びしたいところですが、「さて、お金はどうするか?」とすぐにそろばんをはじくことに。

ライブに行く前の予習は当然必要なので、アルバムCD代はマストです。アルバム発売からライブまでにあまり日数がないので、レンタルしている暇なんてないからです。

発売日前日にはフラゲして聞きこまなくては、せっかく行ったライブでノリ遅れてしまいます。そしてグッズ代。ライトやTシャツ、ブレスレットにサングラスなど、ライブ中に身につけられるものはやはり押さえておきたいところです。さらに、視線をゲットする為には目立つ手作りウチワが欠かせません。となるとウチワを作る材料代。ウチワ効果でバッチリ目が合った時のために、(合うはずない、とは思わないところが自分でも恐ろしいな~と思いますが・・・)おしゃれしなくてはいけないので、と美容院代に洋服代。もちろんチケット代。こんな感じで、万単位でお金を使うことになってしまいます。

ライブに行くというだけでお金を使うのにもっと大変なのは、ライブに行くせいで「お金が~。」なんて旦那にゼッタイに言えるはずがないことです。

表面的には「月々やりくりして、コツコツためたお小遣いで行きます。」という風にしているので、旦那もチケット代ぐらいしかかかってないと思っていますから、金欠なんて言った日にはライブに行くこと自体を反対されてしまいます。

ここは、さも余裕があるように見せるために、それなりの晩御飯やお弁当を用意しなくてはなりません。

スーパーのチラシを睨み、家計簿と財布の中身をチェックしてやりくり献立を考える毎日。

こんな時に限って、子供に集金や行事の写真代がかかるという悲しい現実。

節約をしても思った以上に集金や支払いが多い時にはお金を借りたこともありました。主人にはもちろん内緒です!!

主婦が借入できるところ⇒http://xn—-dr6an4djxbh4x.com/

借入をしてその時は凌ぐことができたとしても翌月には返済をしないとけないので結局は数か月節約生活を強いられることになるのですが。。。

ネットで借金や消費者金融のことについて調べてみました。。

金利が低い場合は負担も減りますが、返済をしようと思ったときに行くのが大変な場所は避けるなど、様々な点から各々消費者金融の利用について、比較検討するこだわりのポイントがあって当たり前です。
任意整理などによりブラックになった方で、審査基準が緩い消費者金融業者を見つける必要があるのなら、大手ではない消費者金融業者を試験的に利用してみる事も考えに入れてはいかがでしょうか。消費者金融業者の一覧などに掲載されています。
今は消費者金融会社に申し込む際に、パソコンを利用する人も少なくないという時代になっているので、消費者金融関連の口コミサイトや、個性あふれる比較サイトも数多くあります。
超著名な消費者金融なら、即日での審査かつ即日融資で借り入れをする場合でも、融資金利の方は低金利で貸し付けを申し込むことができますので、安心感を持って借り受けることができると思います。
大半の消費者金融において、審査にかかる時間が長くても30分程度と、速やかに済むことを売り込んでいます。インターネット上で実施する簡易検査を受けたならば、10秒以内に結果が回答されます。

消費者金融全ての金利が法外に高いというのではなく、状況次第では銀行で借り入れるより低金利になります。と言うより無利息の期間が比較的長期となるお金の借り受けというのであれば、低金利だと言えるでしょう。
今月貸付をしてもらって、次の給料を受け取ったらすべて返済できるということなら、もう金利に関しては考慮に入れるようなことはせずともよくなります。無利息で借り入れができる便利な消費者金融業者が存在するのです。
中堅の消費者金融で、知らない企業名の業者だと、借りて大丈夫なのかな…とちょっと不安な気持ちになって当然です。そんな状況の時に重宝するのが、その業者に関する口コミです。
試しに「消費者金融の口コミ」と検索してみれば、途方もなく多い数の個人の口コミサイトなどが見つかります。何をどこまで信じたらいいのだろうと戸惑う方も、たくさんいるかもしれないですね。
中堅の消費者金融業者なら、少しばかりカードの審査を通過しやすくなりますが、総量規制の適用範囲となるので、年収の額の3分の1を超える負債があったら、それ以上借りることは制限されてしまいます。

融資を申し込みたい業者を絞り込んでからその業者に関する口コミを確認してみると、そこの消費者金融へ気楽に入れるか否かというような内容も、実際わかりやすいものですよね。
じかに店に入るのは、周りの人の目にさらされるので避けたいと思っているなら、ウェブ上の様々な消費者金融を一覧にまとめたものなどをうまく活用して、ローン会社を探してはいかがでしょうか。
審査に関してとりあえず、チェックしたり比較したりしておきたいという方は、見て損はないコンテンツです。各消費者金融業者における審査基準についての詳細を紹介するものになっています。どうか、ご利用に先立ってきちんと分析してください。
特に心に留めておいた方がいいこととして、消費者金融会社で行われる審査に、何回も落とされているのに、引き続き別の金融機関に申請を行うと、新しく申し込んだ審査に受かりにくくなってしまいますから、用心してください。
基本的に、大規模な業者は安心なところが大多数ですが、まだまだこれからの消費者金融系の業者は、データがあまりなく利用者もそれほどいないので、口コミにより得られる知識は重要であると言えるのです。

自分のランチ代をまず減らすのでのでちょっとしたダイエットになるのは、まあ良い事ではありますが。

でも、そうやってかなり大変な状況を乗り越えていったライブでは、キラキラスマイルのパワーをたくさんもらって、これまでの大変さも吹き飛んでしまうのです!だからライブはやめられません!!

 

 

 

 

冬季はスノウスポーツの誘いで金欠で学生ローンを利用した

私が学生だった頃は、冬になると同じ大学の友人や、バイト先の仕事仲間などが、一緒にスキー行こうよ!という企画をすることが多く、その誘いをなかなか断りきれずに金欠で困っていました。

今以上に、ショートスキーやスノボ熱が高い時代だったので、毎年行く人は行くという感じで、ワンシーズンで複数滑りにいくこともざら。

大学は神戸だったのですが近隣で質の良いスキー場がないということで、多くの場合、大阪駅から深夜バスに乗って信州を目指すと言うパターンが多く2泊3日のツアーなどで宿も確保して滑りに行く感じでした。

2泊3日で、安いツアーを探してもだいたい3万円くらい。現地で昼食を調達したり、私はスノボ用品などウエア以外は持っていなかったので、板や靴などは毎日レンタル代がかかり、終日フリーパスのスキー場のリフト使用権が5000円/日必要になり、1回誘われると軽く5万くらいの出費でした。

私自身、ショートスキーやスノボをすること自体は楽しく、行けばそれなりに楽しいでいたのですが、とにかくお小遣いの中から費用を作ることが厳しかったです。

実家を離れて県外に進学し、一人暮らしをしていて、仕送りだけでは生活できないので学費以外の生活費は奨学金と自分のバイト代で工面するという4年間を送っており、いわゆる苦学生の部類だったので、誘いを受けても本当に手持ちのお金に余裕がなく断るということもありました。

しかし、学生ノリと言うんでしょうか。当時は周りも若いですし、同じような苦学生生活を実際にしている人も少なかったので、”今月きついなら足りない分、貸すよ。

来月給料入ってから返してくれても分割で返してくれてもいいし!”という、よかれと思ってもことなんですが、こちらとすると迷惑な申し出をしてくる友人も多数おり、”そんなことしても来月またきつくなるだけなんだけどな”と内心思ってストレスに感じることもありました。

やっぱり人に借りるとなんだかんだで問題が生じるような気がしたので、金融会社から借りた方がいいかなと思い、いわゆる学生ローンでお金を借りる事にしました。

遊びに行くのにお金を借りるのもどうかなとも思ったのですが、借りてでも行かないといけない状況になっていたのでしょうがありません。

でも、社会人になった今では、ムリしていたこともあったけど、カツカツの中でも遊んでおいて、いろんな体験をして良かったな、と思います。

※学生ローンを利用する方のためにキャッシングについての注意点をいかに書いておきます。どの学生ローンを利用すればいいのか?については、「大学生が簡単に学生ローンでお金を借りてはいけない【必読】」尾のサイトを事前にご覧下さい。

この頃はごちゃ混ぜのキャッシングローンなんて、どっちだか判断できないようなサービスまで使われていますので、もうキャッシングというものとカードローンの間には、世間では異なる点が、ほとんど全てにおいて意味のないものになったと言わざるを得ません。

最近ずいぶんと普及したキャッシングを申込むときの方法というのは、担当者のいる店舗はもちろんのことファックスを利用したり郵送、さらにパソコンやスマホからなどたくさんの方法で対応できるようになっています。同一のキャッシングに対してたくさんの申込み方法から、決めていただけるようになっているところも多いようです。

老舗のアコム、およびモビットなど、CMなどでしょっちゅう名前を見ることが多い、有名な会社も人気の即日キャッシングもOKで、申込当日に振り込んでもらうことが可能というわけです。

便利で人気のキャッシングの申込方法で、メインになっているのは、Web契約という最近急増中のインターネットを活用した方法で一番のおすすめです。Webによる事前審査によってキャッシングが承認されると、本契約が成立したことになりますので、どこにでもあるATMからの快適キャッシングが可能になり、今一番の人気です。

有名なアコムとかプロミスなど消費者金融系の会社というのは、ちゃんと即日融資にも対応してくれることろだって少なくないのです。だけど、このような消費者金融系でも、会社オリジナルの審査だけは受けていただきます。
利用者急増中のカードローンを、深く考えずに継続して利用してしまうと、あたかも自分自身の口座にあるお金を使っているかのような感覚に陥ってしまうケースも少なくありません。こうなってしまうと、みるみるうちに設定しておいたカードローンの上限額に達することになります。

業者によっては、条件として指定時刻までに定められた手順が終わっている場合に限る、。そんなことが規定されています。絶対に即日融資が希望ならば、申込の一つの条件の最終時刻についてもご留意ください。

融資に必要な「審査」なんて固そうな言葉を見てしまうとすごく大掛かりに思ってしまうのかもしれませんけれど、たいていの場合は集めてきた多くのデータに基づいてマニュアル通りに、申込んだ後はキャッシング業者だけが処理してくれます。

もしもキャッシングカードの申込書などの関係書類に、書き漏れや書き間違いがあれば、ほとんど再提出をお願いするか、そうでなくても訂正印が必要となるため、あなたに返却されてしまうことになります。本人が自分で記入すべき箇所は、他のもの以上に注意を払う必要があります。

キャッシング会社などがその規制対象となる貸金業法では、申込書の書き方などに関しても隅々までルールがあり、申しまれたキャッシング会社の担当者によって申込書の誤りを訂正することは、禁止行為として定められているのです。

ですから、記入間違いを訂正するときには、誤りの箇所を二重線によって抹消しそのうえで訂正印を押印しないと受け付けてもらえません。
設定されている日数についての、なんと無利息で融資OKの無利息キャッシングだったら、資金を準備してくれたローン取り扱いの金融機関に対して払い込むことになる金額の合計が、少なくすることができるから、かなりうれしいサービスです。

こんなにお得なのに事前審査については、普通のものに比べて厳格になることも無いのでぜひ利用してください。

新たにキャッシングに融資を依頼するより先に、なんとかしてアルバイト程度の職にはついておいてください。また当然のことながら、お勤めの期間は長ければ長いほど、その後の事前審査であなたを有利にするのです。

決められた日数までは無利息でOKの、お得な即日キャッシングを賢く利用することが可能なら、利息の設定に悩んで困るなんてことがなく、キャッシングできるわけですから、すごく便利にキャッシングが可能になる代表的な融資商品なのです。

やむなく貸してもらうのなら、金額は必要最小限で、かつ短期間で全ての返済を終えるようにすることが最も大切なことです。人気があってもカードローンでお金を借りているわけですから、借り過ぎてしまわないよう失敗しない計画をたてて利用するべきものなのです。

書かれていることが最も多いのはほぼ間違いなくキャッシング及びカードローンの二つかとされています。2つの相違点は何?なんて難しい質問も少なくないのですが、わずかな違いと言えば、どのように返済していくものかという点において、少しだけ違いがあるくらいのものです。

失敗したな・・・。

【時間は取り戻せない】

大学の学部選びに失敗しました。第一志望の大学に落ちどこでもいいから受かりそうな所を受験して入学しました。

入学後勉強に興味もあまりなく将来に活かせる資格を取得できるわけでもありませんでした。4年間の学費を無駄にしてしまい両親に申し訳なく思っています。

せっかくならば就職に結びつく資格が取れる学部で勉強すればよかったです。年齢を重ねるごとにやりたかったことが出てきます。

十代の時は強い希望がありませんでした。学生時代しか思いっきり勉強に集中出来る時はなかなかありません。とても貴重な時間です。

今は睡眠時間を削って資格の勉強をしています。学んだり挑戦したいことは我慢せず取り組み時間を大切にしていきたいと思います。
【私の失敗談】
数年前、私はとんでもない失敗をしたことがりました。それは、ある日、地元から東京へ旅行に行った帰りのことです。

強風が吹いて、新幹線が止まるかもしれないという予報を聞いた私は、一時間ほど迷ってから予定よりも早く帰ることして、新幹線に乗り込みました。しかし、時すでに遅し。

新幹線は強風によって飛ばされた樹やビニール袋のせいで止まってしまいました。
それも、夕方になるまで復活しませんでした。

ここで、第二の失敗が発動します。なんと、携帯の電源がほとんどなくなってしまったのです。慌てて乾電池で充電できる機械を探しましたが、さすがに駅の販売店にはありませんでした。

電源が切れないように節約しつつ、ようやく実家に帰ることが出来たのは、なんと終電一本前。
しかも実は一本前に乗っていればなんなく家に帰られたと知った時にはがっくりきました。

次、似たような事態になったら迷わずに即行動したいです。